1品からでも大歓迎!60分以内に回答致します。簡単!早い!確かなお見積りを行います。

※画像をクリックすると拡大します。

ワイヤー加工におけるコストダウン

  • 熱処理品における公差穴の考え方

    改善前

    熱処理品に止まりの公差穴の加工を指示すると、焼き入れ前に公差穴をフライスで仕上げているので焼き入れの際に精度部に歪みが出てしまう可能性があります。

    改善後

    公差穴を通しにすることでより焼き入れ後にワイヤーカットでの加工が可能になり、穴の精度、穴位置ともにより正確な加工が可能になります。

  • 小さいワークの加工方法

    改善前

    写真のワーク(4×5×8.5)の外形と段加工を行おうとすると、小さくて非常にクランプが難しく、フライス、研磨、ともに無駄に時間がかかってしまいます。

    改善後

    一回り大きいワーク(例:8.5×20×30)から全体を抜き出すようにワイヤーカットで加工することにより、フライスと研磨加工の時間を大幅に短縮でき、結果コストダウンにつながります。

部品加工の単品加工.jp!資料請求やお問い合わせ・見積書のダウンロードはこちらから。お見積り・お問い合わせ大歓迎

お問い合わせはこちら

お問い合わせ

見積書のダウンロードはこちら

見積書ダウンロード
【↑】このページの先頭部分まで戻ります。